『介護』という仕事。
この仕事をしていて、利用者さんの忍耐強さにびっくりする。
だって、どれだけの我慢をして、他人にオムツを替えてもらったり、身体を拭いてもらったり、
ご飯を食べさせてもらったり・・・しているんだろう。。。
自分だったら、・・我慢できるだろうか。。
身体を拭くのも、タオルの絞り方、拭き方、いろいろ注文つけたいだろうに。
ご飯を食べるのも、一回のスプーンの量、次に入れるタイミング、次に何を食べたいか、
注文つけてたら、キリがないし、うるさい・・って言われちゃうから我慢しないと。。
実習で行った施設で食事介助をやった時に「そんなじゃ時間に間に合わないよ」と言われ、
見本に見せてもらうと、スプーンに山盛りにして、口に突っ込む。
・・飲み込んだかどうかっていうくらいで次も入れちゃう。
・・・そんなやり方に、とっても疑問を持ってしまった。
おむつ交換もそう。誰だって、そんなところは見られたくないだろうに、そういう配慮はない。
カーテンはあるけど、いちいち引かない。。
「お年寄りだから」「もう分からないから」・・でいいんだろうか。

今は、在宅介護の仕事をしている。
よほどいい施設じゃないと働きたくないと思っている。
どうしても施設は管理に追われてしまう。。。

在宅の仕事の方が、利用者さんに個々に向き合える。
お宅に伺うのだから、その人の、その家のやり方を重視する。
できるだけ快いやり方をしてあげたいと思う。
・・しょせん他人なんだけど。 

在宅介護は、施設入所が決まったり、入院されたりすると仕事がなくなる。
次から次へ、新しい仕事が来たりする。
・・それがちょっと、精神的にキツいかもしれない。
4、5年もやれば慣れるのかなぁ。。。
もちろん、亡くなる方もいる。 公的ヘルパーだから、余計なつきあいは出来ない。
ご焼香させてもらえれば、いい方だろう。
・・そういうのもね。。 疲れてしまう。。

・・でも単純に、誰かの役に立っている。
それだけは、実感できる。
今日も元気でいてくれた。それだけでいいのかもしれないね。

b0103157_1933483.jpg

[PR]
by yucca3477 | 2006-11-21 19:33 | 仕事のこと。
<< 「生きている」ということ。 忙しいけど。 >>



魔女修行な 毎日☆
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧