<   2006年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧
『小さな親切』
ガイドヘルパーをさせてもらっている。
この仕事をするまで、周りに目の見えない人はいなかった。
「見えない」ということが分かっていなかった。
私も家族も、コンタクトや眼鏡を使っていない。
人間の受ける情報の80%は、視覚によるものだそうだ。
80%も目からの情報に頼っている、ということだ。
「百聞は一見にしかず」・・・ということらしい。

生まれつき、盲目の人もいる。弱視や色の判別のできない人もいる。
視野がせまくて見えにくい人も、見えないんだけど、影は分かる人。
光の強弱で周りを判断する人。なんとなくぼやっと見える人。
単に「見えない」と言っても、その状態はさまざま。

ガイドしてると、道を開けてくれる人が多いのに気づく。
白杖が見えると、遠くからでもよけて待っていてくれることが多い。
電車に乗ったときもそう。乗り込んだとき、
座席に座っている人たちの顔に一瞬緊張の色が走る。
私は「目が見えない」からといっても健康なのだから、別に譲らなくてもいいと思う。
よくガイドさせてもらう利用者さんも、そう言っている。
でも実際は、譲ってくれる人の多いこと。
それは、好意でしてくれていることだから、できればありがたく座ればいいのかもしれない。
でも、目の見えない人たちは、自分のいる場所をきちんと確認している場合が多い。
この入り口で乗れば、階段の下あたりに降りることが出来る・・とか。
降りたところの近くにエレベーターがある、とか。
自分で確認しながら動いている。だから、遠くの方から「席をどうぞ」と言ってくれるのは、
ありがたメイワクな場合が多い。 自分がどこにいるのか、分からなくなってしまうからね。
・・ちゃんと話して、断ることができればほんとにいいのだけれど。
何度か、説明して断ったこともある。 「そうなんですか」と納得してくれたのはいいけれど、
次から、譲ることをやめてしまうのではないかと、ちょっと気になる。
何も言わずに席を立つ人もいる。それも好意なのだろうが、説明することもできない。
いなくなってしまったら、分かってもらうことはできない。

このごろよく思う。『親切』ってなんだろうね。
良かれと思ってしてあげても、それがメイワクな場合も多々ある。
「大丈夫ですか」「お手伝いしましょうか」
このくらいが無難かな。声をかけて、手を出してもいいか聞いてみる。
それが必要だと思う。話してみて、何が必要か聞いてみる。
「見えない」人だけじゃなくても、荷物と子供を抱えた人とか、大きな荷物を持ったお年寄りとか。頭痛のひどそうなお姉さんとか、一見普通に見える人だって、座りたいことだってあるんだから。

b0103157_19454754.jpg


声をかける前に観察すること。断られることもあると思うこと。
断られて当たり前だと思えるようになれば、もっと気軽に声をかけられるようになるんじゃないかと思う。「その人」を知ることができれば、もっといいよね。。
[PR]
by yucca3477 | 2006-10-06 19:47 | いろんな、思うこと。
もっと遊んであげればよかったね。
散歩の付き添いの仕事の途中、公園で休憩する。
今日は、曇ってるけど、寒くもなく、風が気持ち良い。
たくさんの子供たちが遊んでいる。

みぃさんたちが小さかった頃『公園デビュー』という言葉が流行った。
今のママたちは、昔のように「お友達をつくらなくちゃ!」というようには見えない。
淡々と我が子と遊んでいる。

みぃが小さかった頃、実家から離れたS市に住んでいたので、
あたりまえのようにみぃとふたり、散歩したり公園へ行ったり、マンションの子供たちと遊んだり。。みぃさんとは、よく遊んだように思う。自転車のカゴに乗せて原稿を取りに行ったり。
みぃは、お父さんともよく遊んだね。

けれど、しぃちゃんには、自信がない。一緒に遊んだ覚えが無い。
みぃさんの幼稚園やママ付き合いや、リズムのことで忙しかったせいもあるかもしれないけれど。公園で追いかけっこした覚えも無い。
いつも電車並べて、眺めてたのしか覚えてない。。。

昔の、しぃちゃんの小さい頃のビデオを見ると、情けなくて情けなくて。
私、怒ってばっかりだった。。 どうしてもっと抱っこしてあげなかったんだろう。
どうしてもっとお話してあげなかったんだろう。
入園前、自閉傾向があるんじゃないかと思って療育相談にも行った。
心配はするけれど、ほったらかしだったような気がする。
入園の面接で、まるで何にもしないしぃちゃんだったのに、先生たちは「大丈夫」と言ってくれた。
年少で入園して、先生たちがよく見てくれて、しぃちゃんも先生たちが大好きになった。
しぃが年中の時に仕事に出始め、延長保育、夏休みは保育園・・と預けてばかりだった、私。でも先生たちは、しぃちゃんを信じてくれていた。年長の頃には、ちょっとイジメられていたのかも。
低学年の頃にも、なんだかアヤシイことがたびたび。・・でもしぃちゃんは、何も言わない。
私が怒るのがコワイから、何も言わないんだろうと思う。
今でも、そう。 私が怒り出すとややこしいから、きっと。

b0103157_18511039.jpg


どうして、もっとたくさん抱っこして、もっとたくさんお話して、
もっとたくさん笑ってあげられなかったんだろう。。。

ごめんね。しぃちゃん。 そんなにがんばらなくてもいいんだよ。
[PR]
by yucca3477 | 2006-10-06 18:52 | 家族のこと。



魔女修行な 毎日☆
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧